デザインと機能性を兼ね備えた椅子

座るための道具としての椅子というものから、インテリア性のある美しいフォルムの椅子がたくさん増えてきました。 その特徴といえば、デザイン性の高い美しいフォルム、個性的な色、などでしょう。 中にはオブジェのようなデザインの椅子もあったりしますね。 もちろん椅子ですから、座るという機能の面でもしっかりと考えられているので、これはもう座ることもできるアート、という感じでもありますね。 フォルムの美しさと椅子としての機能の確かさ、一見、相反するようにも思われる要素がちゃんと両立してるんですね。 使うシーン、インテリア、素材、カラー、とても豊富で選ぶのに迷ってしまうほど充実してますね。

想像力豊かな子供をも育てるデザイナーズ家具

子供達の施設である保育園や幼稚園などでは、幼児の興味もひきそうな楽しい椅子を使うところが増えてるそうです。 豊富な色と斬新なデザインと安全性、機能性などきちんと備えながらも、可愛いく親しみのある椅子は子供達の感性や創造性も刺激され、教育にも一役かっているそうです。デザイナーズ家具の用途の広さに少し驚かされますね。

ページのトップへ戻る